/assets/images/kits/68700/68700.jpg
最速の進化は止まらない・・・ 2010年TITCでTQ & Winを達成した NEW ツーリングカー「HB TCX」遂に登場
HB TCXの開発スタート以降、ワールドチャンピオンシップなど様々なビックレースで実戦テストを行い、更なる旋回性、高速安定性を獲得した走りに進化し続けています。Lipo/Lifeバッテリーやブラシレスモーター等最新のレースエクイップメントへ完全対応したHB TCXは、レーストラックでの敏速なセッティング、アジャストメントを可能としました。更なる速さを 手にしたNEWマシン「HB TCX」がワールドタイトル奪還へ向け満を持して登場です。
パーフェクトな重量バランス – 最新LiPoバッテリーに対応
全コンポーネントを出来る限り中央へ集結。最新LiPo/Lifeバッテリーのテクノロジーに対応しながらも、左右のバランスにも細心の注意を払ったシャーシデザインとして完成しました。
モーター位置の最適化(4.5mm内側に移動)
モーターやサーボなど、重量物をセンタリング化するため(シャーシロールの低減)、シャーシやドライブトレインのレイアウトを完全に変更しました。ドライブベルトをリバースすることにより、モーターを4.5mm内側に配置、更にプロポシステムを内側に配置することにも成功。新規シャーシレイアウトにより、重量バランスに大きなアドバンテージを生み出しました。
HBツーリングカーの最高峰
前述の技術的な要素に加え、両IFMAR世界チャンピオン原篤志、アンディー・ムーア両選手による世界各国様々な環境でのテストドライブを経て、HB最高峰のレーシングカーに仕上げることが出来ました。
完全に生まれ変わったTCXで、あなたがチャンピオンになるのも夢ではないはずです。
完全新設計シャーシデザイン
前作CycloneTCからメインシャーシ幅を大幅にナロー化したことで、タイトなコーナリングでの路面への干渉を最小限に防ぎ、最適なシャーシロール、圧倒的なコーナーリングスピードと共に、驚異的なドライバビリティでドライバーをサポートします。この最高レベルのドライバビリティを支える2.5mmカーボングラファイトシャーシには数々のテストにより厳選されたマテリアルを採用。敏速なピット作業を実現するバッテリーホルダーも標準装備。ストラッピングテープでのバッテリー固定の煩わしさもありません。
アッパーデッキは、ワンピースシンメトリカルデザインを採用。HB TCXではアッパーデッキを固定するビスを増減することでシャーシロールの特性を調整することが可能です。
ナローバルクヘッドレイアウト
新開発されたシンメトリカルデザインのバルクヘッドを採用。前作Cyclone TCからトータル幅3mm(片側1.5mm)ナロー化されたデザインで、最適なシャーシフレックス特性を獲得。更に長くなったキャンバーロッドによるサスペンションジオメトリーは、近年のハイスピード、ハイパワーへ余裕をもって対応します。ドライブベルトのセンタリング化、エキセントリックカムベルトテンショナーでのベルトのテンション調整機能など、細部に至るその追及はHBの“速さ”へのこだわりです。
ワールドウイニングサスペンション
Cyclone TCより採用されたリバーシブルロワアームを継承し、ドループアジャストスクリュー、ターンバックルはもちろん、ホイールベース、トレッド、アンチスクワット、トーイン、ロールセンター全てのセッティングがアジャスト可能。
ファインピッチショックタワー
ショックタワーには、3.65mm厚カーボングラファイトを採用。高剛性3.65mmショックタワーにより、ショック、タイヤからのあらゆる入力にダイレクトに対応します。フロントに7箇所、リアに8箇所設定されたショックマウントポジションが、あらゆるレースコンディションに対応。リンクホールスタイルなので、急なセッティング変更にも迅速に対応可能。
スレデットHB TC ショック
Cyclone TCより継承したHBレーシングショックを採用。アッパー、ロアキャップ部には、エクストラファインピッチショックキャップ、ボトムキャップにはシングルOリングデザインを使用し、シリコンオイルでOリングの膨張による影響を最大限に減らすことに成功。ファインピッチスレデットボディにより、車高調整を即簡単に確実に調整可能。
ツインクランクステアリングシステム
ステアリングシステムは従来のシングルクランクシステムから、レースシーンで実績のあるツインクランクステアリングシステムへ変更し、セーバー機能をサーボホーンへ移行。 サーボの搭載方向も変更され、サーボサイズによる重心位置の変化を低減することが可能となりました。また、パーツの変更で従来のシングルクランクシステムへの変更も可能です。(パーツは別売り)
コンプリートスタピライザーセット
敏速なスタビ調整が可能なボール型スタビライザーマウントを搭載し、セッティングにおける微調整を簡単にしました。フロント、リアスタビライザー共に、1.2、1.3、1.4mmの3サイズを付属しています。
センターモーターマウント
前述のシャーシ上のモーター搭載位置の変更に加え、モーターマウントのシャーシへの「搭載方法」も見直しました。モーターマウント前部がシャーシに触れない設計により、左右のシャーシフレックスを完全にイコール化。シャーシバランスも飛躍的に改善されました。更にモーターマウントスクリュースロットを水平に配置し、モーターマウントを最大限低く配置、モーターのローマウント化に貢献します。
ベルトレイアウト
フロントベルトを車体の右、リアベルトを左側に配置。受信機、スピードコントローラー、トランスポンダーなどのプロポシステムや、サーボがセントラル化された理想的なシャーシバランス。
シャフト&プーリー
新設計ナローセンタープーリーは歯数を18Tから20Tへ変更することで駆動ロスを低減し、燃費の向上を実現させました。 プーリーの固定方式をセットスクリューからピンタイプへ変更。プーリーのナロー化とともにマウント間幅を狭く、そしてベルトレイアウトの変更により重量物のセンタリング化を実現。
フロントスプール
デファレンシャル効果を失くすことによる、ブレーキ性能の強化、更にトラクション性能の向上の為、近年の電動ツーリングカーレースシーンでは、フロントスプールが主流になっています。TCXでも、軽量かつ高強度な3ピースデザインスプールを標準装備。スプールの中央部には軽量なアルミ製パープルアルマイト、アウトドライブには耐久性に優れるスチール製を採用しました。オプション設定のPOMアウトドライブを使用することで、より軽量に、かつ鋭いステアリング特性を得ることも可能です。
スーパースムースライトウェイトリアボールデフ
常に安定したデフ効果を得られる3mmセラミックコートデフボールを採用した、軽量POMリアボールデフです。これまでのボールデフに比べ耐久性が高いので、少ないメンテナンスでスムースなデフコンディションを維持することが可能です。HBファクトリードライバー絶賛のボールデフです。
アルミ製ユニバーサルドライブシャフト
「Hot Bodies」のロゴが施された46mmアルミ製フロントドライブシャフト。アクスルにはスチールを採用し、耐久性を確保。リアドライブシャフトには、これまで通り44mmアルミ製ドライブシャフトを採用しています。パワーを無駄なく路面に伝える高効率設計です。
ドライバーの声をデザイナーが形に変えたTCX。進化した性能は、これだけには留まりません。
バッテリーマウンティングシステム プロレーサーが愛用するファイバーストラッピングテープ。TCXには、バッテリーマウンティングシステムを採用。バッテリーを確実に固定させるので、テープの使用は不要です。
ビス ブラックに統一されたボタンヘッドスクリューを採用。
オフロードスタイルアンテナホルダー アンテナチューブを固定するアンテナフォルダーを新設計。セットスクリューがアンテナをしっかりホールドするので、あらゆるレース環境でも確実に対応します。
HB TCXは既にその速さ、強さをレースシーンで発揮しています。
TITC, 2010
TCXのレースデビューとなったタイで開催されたTITCレースで、HBファクトリードライバーの原篤志選手が有終の美を飾りました。 RedRCのサイトでレースの写真など、ご覧になれます。お楽しみください!(注意:他社の英語のみのサイトへ移動します。) ((画像の著作権は、 RedRCに帰属します。)
ETS ラウンド 5, 2010
ヨーロッパツーリングシリーズ(ETS)ラウンド5でもHB TCXを駆り、、原篤志選手が勝利を収めました。
原選手のレースの様子は、こちら! Aメイン1 Aメイン2
レースのレポートは、RedRCに掲載されています!!(注意:他社の英語のみのサイトへ移動します。) (画像の著作権は、RedRCに帰属します)
フォトギャラリー
主要緒元: 全長: 365mm 全幅: 190mm ホイールベース: 258-262mm 全備重量: 1350g
Features
  • LiPo/Lifeバッテリー対応に最適なデザイン
  • 2.5mm厚ナロー シャーシ
  • 2.0mm厚ワンピースシンメトリックアッパーデッキ
  • トータル3mmナローになったコンパクトバルクヘッドレイアウト
  • 4.5mmセンターリングされたモーターレイアウト
  • 20Tセンタードライブプーリー
  • 新規レイアウトのドライブトレイン
  • ツインクランクステアリング
  • 前後左右、完全シンメトリックバルクヘッドレイアウト
  • スクリューによるフレックス調整可能なアッパーデッキ
  • ローCGモーターマウント
  • サーボを含むプロポシステムを最大限センターリング
  • 20T シャフトプーリーと 39Tフロント/リアプーリーのコラボ
  • 3mmセラミックコートボール12個を装備したPOMリアボールデフ
  • アルミ製フロントスプール(スチール製ドライブカップ)
  • アルミ製ユニバーサルドライブシャフト
  • フロントに7箇所、リアに8箇所設定されたショックマウントポジション
  • 3.65mm厚ショックタワー
  • トップリンクが延長されたサスペンションデザイン
  • リバーシブルロワアーム
  • アジャスト可能なアンチスクワット、トーイン、ロールセンター
  • ドループアジャストスクリュー
  • フルセットターンバックル
  • スレデットショックボディー、シングルOリングデザイン
  • コンプリートスタビライザーセット (1.2mm, 1.3mm, 1.4mmの3サイズ)
  • 微調整が簡単なボール型スタビライザーマウント搭載
  • ボールベアリング
  • ホイール、タイヤ、インサート、ボディー、プロポシステムは別売りです
#68700 HB TCX ツーリングカー 新設計されたシャーシ、アッパーデッキ、バルクヘッドなどを搭載したレーシングツーリングカーキットです。
他にお買い求めいただく物
  • プロポシステム
  • ステアリングサーボ
  • バッテリーパック
  • バッテリーチャージャー
  • スピードコントローラー
  • 540サイズ電動モーター
  • ボディー
  • ホイール
  • タイヤ
  • インサート

Select your region:

Select your language:

Get more HPI! Login to MYhpi now!

Please select your region and language settings