HB チームより次世代のパフォーマンスのツーリングカーの提案です。
-->
HB TCXXは、世界チャンピオンを何度も獲得しているHBレーシングチームより提供する最新ツーリングカーテクノロージーの集大成です。 先のツーリングカーのリリース後もチャンピオンチームは休むことなく、ペースダウンすることも無く精力的にTCXXの開発に携わってきました。 今ここに世界チャンピオンとしての誇りと共に、HB TCXXを発表します。
バランス
TCXで達成した絶妙の重量バランスを更に進化させたTCXXは、バッテリーの搭載位置を限界とも言えるほどシャーシセンターに寄せました。 またモーターマウントを若干外側に寄せることにより近年のサーボ、受信機、スピードコントローラーの軽量化に合わせた最適な重量バランスを得ました。 モーターをシャーシ中心寄りに搭載したい方は、HB-TCX用のモーターマウントをTCXXに装着することも可能です。
コントロール
TCXとTC-FD用として既に市場に出回っている豊富なオプションパーツを流用することにより、ロールセンター、フロント・リアトーイン、キャンバー、キャスターなどのアライメントを細かく調整することが可能です。 また、フロントとリアのスタビライザーバーにより前後のグリップバランスを調整出来ます。 フロントにリジッドアクスル、リアに新開発のギアデフを搭載する最新トレンドのツーリングカーは、かつて主流であったボールデフの繊細な調整を不要とします。
シャーシ
TCXXの2.5mm 厚のシャーシは、タイトコーナーの切り替えしで路面とシャーシサイド部分が極力干渉しないようにスリムにカットされスーパーナローシャーシとなってます。 ハイクオリティーの2.5mm厚のウォーブンカーボングラファイトをシャーシ材料として使用しています。 バッテリーの固定には、新設計のカーボンバッテリーホルダーが付属します。
フロントとリアのインナーピボットブロックは、シャーシのロールを妨げないように左右セパレートの部品となりパワーオフでのコーナー進入に高いグリップ力を発揮し、コントロールすることへの自信をドライバーにもたらします。 ライバルとのサイドバイサイドの競い合いにおいてもレーシングラインをトレースすることが容易となるニューレベルのコントロールを体験できます。
ワンピースのアッパーデッキはリニアなロール感をドライバーに提供します。 よりバランスの取れたリニアなハンドリングを提供し、万一クラッシュしてもシャーシのねじれを最小限に抑えることが出来ます。 左右対称のアッパーデッキは、フロントに4個、リアに8個のマウントホールが設けられていてシャーシロールを調整しトラクションレベルを変更することが可能です。 中央のホールを使用しHB-TCスタイルのベルクランクステアリングをオプションとして選択することも可能です。 2.5mm厚のウォーブンカーボングラファイトは、メインシャーシと同一の高品質の材料からカットされています。 アッパーデッキは、ベルトテンショナーも搭載しハードブレーキ時等でフロントベルトが緩みプーリーから外れないようにコントロールします
バルクヘッド
TCXXのバルクヘッドは、フロントとリア共通であり、右と左も同一設計となっています。 バルクヘッドは出来る限りコンパクトなデザインとしたためサスペンションの動きをマイルドにする長いアッパーアームを使用することが出来ました。 コンパクトなバルクヘッドのデザインと相まってドライブベルトはセンターラインにより近い位置にセットすることが可能となりました。 エキセントリックカムタイプのベルトテンショナーは、ブレークイン後のベルトの初期伸びの微調整に役立ちます。
サーボマウント
TCXXの新型アルミサーボマウントはドライブフィールの向上のためにサーボをしっかりとシャーシに固定する方式です。TCXXはショートタイプのサーボを搭載するようにデザインされていますが、受信機をサーボの上に搭載することにより標準サイズのサーボも搭載可能です。
TCXXは、HB-TCXキットと多くのサスペンションパーツを共用しています。リバースタイプのサスアーム、変更可能なショックポジション、リバウンド調整ネジ、スティールターンバックルに加えフルアジャスト可能なホイールベース、トレッド、アンチスクワット、トーイン、ロールセンター等の特徴を引き継いでいます。 スーパーナローバルクヘッドは、ロングアッパーリンクを採用することが可能になり、サスペンションアームによりたくさんの仕事をさせることにより車のコントロールを楽に、コーナーを速く抜けることができるようになります。
ファインピッチショックタワー
フロントとリアのショックタワーは、ハイクオリティーのウォーブンカーボングラファイト製です。 ショックやホイールからの入力を受け止めて余りある3.65mm 厚の材料からカットされています。 サーキットのコンディションレイアウトにあわせて細かい設定が可能なように、ショックポジションはフロント7段階、リア8段階から選択可能です。
ショックのアップグレード
TCXXに付属のショックは、HB-TC及び HB-TCXの進化バージョンです。 つまりTCXXのショックはHBチームが世界チャンピオンを獲得したときのファクトリーショックよりも進化したショックです。 ショックボディーのトップとボトムに細かいスレッドをもち、ショックキャップをネジ留めする機構です。 ショックボディ下部のショックシャフト保持部分はシングルオーリングデザインとして摺動抵抗を極限まで下げています。 新設計のアルミスプリングリテーナーとスプリングアジャスターによりスプリングテンションを迅速に調整出来、パープルアルマイトされているためファッション性も備えています。 1.1mm の穴が3つ設けられたPTFE素材のショックピストンとPTFEショックスペーサーがショック内にセットされスムースな動きをサポートします。 ショックはHBの誇るハイクオリティーマッチドスプリング#66961-#66965と完全互換です。
ツインクランクステアリング
TCXXはツインクランクステアリングを装備します。 サーキットにおいてステアリングの入力を的確にタイヤに伝えと共に、大きなステアリングの切れ角を提供します。 アルミベルクランクアームは、ボールベアリングで保持され高効率かつスムースでハイレスポンスなステアリングワークを提供します。 ウォーブンカーボングラファイトステアリングタワーバーブレースはトップレベルのツーリングカーのステアリングからのフィードバックを的確にドライバーに伝えます。 ステアリングアッカーマンは、シムワッシャーで調整が可能です。 我々のドライバーによるとこのステアリングのデザインは、従来のHB-TCスタイルのセンターステアリングシステムよりコーナリング時のスピードに優れているそうです。 往来スタイルのHB-TCセンターステアリングもTCXXに取り付けることが可能ですので、ドライバーのフィーリングに応じて使い分けることが出来ます。
フルセットのスタビライザーバー
スタビライザーバーは、ボールスタッドにセットスクリューで固定するタイプなので、無段階に迅速な調整が可能です。 TCXXキットは、HB純正のフルセットのフロントとリアのスタビライザーバーが付属しフロントとリアのサスペンションをファインチューンすることが出来ます。 キットには、1.2、1.3、1.4mm のスタビライザーバーが付属します。
ロープロファイルモーターマウント
新型モーターマウントはアッパーデッキの下の低い位置にマウントされ2セットのモーターマウントホールによりもモーターの搭載方法を変更することが出来ます。 モーターマウントは、HB-TCXよりも左側にオフセットされ、最新の軽量なサーボ、レシーバー、及びスピードコントローラーに合わせて重量バランスを最適化できるようにデザインされています。 HB-TCXのモーターマウントも搭載することができ、重量バランスをお好みで調整することも可能です。
セントラルベルトレイアウト
フロントとリアのドライブベルトは、リアベルトが左側に、フロントベルトが右側に位置するようにアレンジされています。 これにより、サーボとレシーバー、スピードコントローラ、トランスポンダーなどがシャーシの中央により近い位置に搭載することが可能になりました。 往来のツーリングカーのベルトレイアウトでは不可能であった究極の重量バランスを手に入れました。
クイックチェンジプーリーとセンターシャフト
TCXXはシンプルにピンで固定するタイプのワンピースプーリーをセンターシャフトに搭載します。 往来からのセットスクリューを廃止したタイプです。 センターシャフトは、コンパクトなドライブトレインデザインのため短く、シンプルなワンピーススパーギアマウントも搭載します。 20Tセンタープーリーと39T フロント及びリアプーリーの組み合わせは、従来のツーリングカーよりも大径のプーリーを使用することでベルトの曲げが小さくなりパワーをより効率的にタイヤに伝えることが可能になりました。 TCXXは、TC-FD用のセンターギアが使用可能で、フロントとリアへの駆動力配分をコントロールすることが出来ます。
軽量フロントリジッドアクスル
今日の電動レーシングツーリングカーのトレンドは、フロントデフを廃止しリジッドアクスルを採用することで、トラクションの向上とブレーキング時の安定性を向上させます。 リジッドアクスルは耐久性の高い3ピース構造のデザインとなっています。 リジッドアクスルのセンター部分はパープルアルマイトが施された軽量なアルミ製で、耐久性の高いスチール製アウトドライブと組み合わされます。
新設計ギアディファレンシャル
HBチームがリードするレーシングツーリングカーデザインのひとつが、リアにギアデフを採用したことです。 従来のボールデフでは頻繁にメンテナンス、調整が必要になった、3.5ターン並みのパワフルなブラシレスモーターをメンテナンス無く繰り返し使用することが出来るようになりました。 TCXX のギアデフは、メンテナンスの頻度を限りなく少なくする革命です。
アルミユニバーサルドライブシャフト
TCXXは、新設計44mm アルミドライブシャフトをフロントに、リアには細く軽量で強度抜群のスチール製ドライブシャフトを採用し強度と軽量化のバランスに優れた設定になっています。 軽量スチールカップアクスルは強度の高い2mm のピンで保持されます。
Even the smallest details are looked after on the TCXX, and our World Team Drivers are always telling our designers what they'd like to see on the newest kits. Below are some of the minor, yet still important, details the TCXX offers kit owners.
Battery Mounting System Pro racers like to use fibre strapping tape to hold their batteries in place, which is lightweight and perfect for their needs. The TCXX kit comes with 'bumpers' to prevent LiPo batteries from moving into the belt, as well as securing them in place front and rear.
Hex Hardware The TCXX uses a full set of black-coated hex-head hardware throughout. Every screw, bolt and fixing uses standard-size hex wrenches, ranging from 1.5mm to 2.5mm in size.
Off-Road Style Antenna Holder HB designers came up with an antenna holder that will keep your antenna tube locked into position: a steel grub screw secures the antenna in place from the top, gripping it securely, no matter how rough a race you might find yourself in.
IFMAR 世界選手権 -予選トップ通過 -最終結果世界2位の実力
世界選手権にデビューしたTCXXは、Team HB (2人のドライバーで計3度ワールドチャンピオン獲得)のドライバー達により抜群の強さを発揮し、原あつし選手によって予選トップ通過ののちトリプルAメインに参加。 原あつし選手は、3度目の世界チャンピオンに千分の数秒差で届きませんでしたが、TCXXのポテンシャルを余すことなく引き出し、TCXXを手に入れる事こそ勝利のための近道であると証明しました。 Check out the full race report on RedRC! (photo credits to RedRC)
主な特徴
  • 最新LiPoバッテリーのスペックに最適化された重量バランス
  • スーパーナロー2.5mm厚メインシャーシ
  • シンメトリックワンピース2.5mm厚アッパーデッキ
  • コンパクトバルクヘッド
  • シャーシロールを最適化するセパレートピボットブロック
  • モーター固定ネジを縦、横どちらでも配置可能な新設計モーターマウントデザイン
  • 軽量アルミスパーギアマウント
  • 20Tプーリーとナローセンターシャフト
  • フロントベルトを右側に配置しマスのセンター集中を考慮したドライブベルトレイアウト
  • ツインクランクシステム採用のロングステアリングクランクシステム
  • カーボンステアリングタワーバー
  • カーボンステアリングアームポスト
  • アルミステアリングサーボマウント
  • ネジの配置でシャーシロールを変更できるアッパーデッキ
  • アッパーデッキ下にローマウントされたモーターマウント
  • サーボ、受信機、スピードコントローラー等のラジコンメカを出来る限り中心近くに配置
  • 20T センタープーリーと39Tフロント、リアプーリー採用の高効率ドライブトレイン
  • リアディファレンシャルにギアデフを採用しメンテナンスの簡素化を実現
  • アルミ・スティールハイブリッド3ピースフロントリジッドアクスル
  • アルミドライブシャフトをフロントに、極限まで軽量化されたスティールドライブシャフトをリアに採用
  • カップジョイントの保持に2mm径のピンを使った軽量スティールアクスル
  • クランプタイプアルミ6角ハブ
  • フロント7段階、リア8段階のショックポジションを選択可能な3.65mm 厚ショックタワー
  • 新設計アルミショックボールスタッド
  • ワールドレースで高性能を証明されたサスペンションデザインとロングアッパーアーム
  • ショックポジションの選択が増えるリバーシブルサスペンションロアアーム
  • アジャスタブルアンチ・スクワット、トーイン、ロールセンター
  • リバウンド調整ネジでリバウンド量調整可能
  • フルセットターンバックル
  • シングルオーリング構造のダイヤル調整式ショックボディー
  • 新設計アルミスプリングアジャスター及びアルミスプリングリテーナー
  • PTFE製 1.1mm x 3ホールショックピストンとPTFE製スペーサー
  • ワイドスタビライザーバー
  • 1.2、1.3、1.4mm スタビライザーバー(HBで販売されているオプションの全種類)が含まれています。
  • スタビライザーバーは、ボールスタッドにセットスクリューで固定する方式のため無断階調整が可能
  • フルボールベアリング装備
  • タイヤ、ホイール、モールドインナーは付属しません。
  • ボディーとラジコンメカは付属しません。
#68299 HB TCXX キット 1/10電動4WDツーリングカーキット、ベルトドライブ、グラファイトシャーシ、アッパーデッキ、ダンパーステー、フルボールベアリング
HB TCXX スペック: 全長: 365mm 全幅: 190mm ホイルベース: 258-262mm 重量 (レース走行用ラジコンメカ等搭載時の大まかな重量): 1350g
別途必要となるもの
  • ラジコンプロポシステム (送信機、受信機)
  • ステアリングサーボ
  • バッテリーパック
  • バッテリーチャージャー
  • 電動スピードコントローラー
  • 540サイズモーター
  • 190mm幅ボディー
  • ホイル
  • タイヤ
  • インナーモールド

Select your region:

Select your language:

Get more HPI! Login to MYhpi now!