タイ・タスマン選手がプロラインデュアルレースで3位を獲得

Wed, 6th November 2013

HB オフロードスターのタイタスマン選手が招待クラス カリフォルニア州バニングのプロラインレースウェイとサンダーアレイレースウェイの2つのコースにまたがって行われたデュアルレース(2つのオフロードコースで開催されたためデュアルと呼ばれています。)で、3位を獲得しました。

招待クラスは、リーディーレースのスタイル-各ドライバーがパンプキン(プラスチックのパンプキンバケツを使用したと思われるが、実際どうだったんでしょう。)の中から番号が記載されている卓球のボールを取り出し、各レースのスターティングポジションを決定します。  15分のバギーレース3回と15分のトラギーレース3回を土曜日にプロラインレースウェイで開催し、残りの各クラス3レースをサンダーアレイレースウェイで行い、各トラックでの2レースのベストリザルトを集計します。  各レースの勝者は、最低スコアを得ることになり、総計のスコアが最も低い選手が最終勝者です。

土曜日のレースは、タイ選手はフロントローからスタートするチャンスに恵まれず、常に中から後半のグリッドからのスタートでした。  にもかかわらず、2回の勝利と3回の2位を記録し、バギーとトラギーの両クラスで5番手を得て初日を終えました。

日曜日の最終レースを迎えたとき、タイ選手はバギー招待クラス最終レース前の時点で1ポイントリードしていました。  しかしながら抽選で引き当てたスタートグリッドは10番手でした。  総合優勝の可能性のあるライバル選手は2人で、彼らはグリッドの1番と、2番でした。  レースは、我々の思い通りには行かず、タイ選手は5番手でフィニッシュし総合成績は3位でした。

素晴らしい週末でした。  タイ選手にあと少しの幸運が訪れればもっとよかったのですが。  彼には次回幸運が訪れることでしょう。

このレースの詳しい情報はPro-Line サイトへ!


Select your region:

Select your language:

Get more HPI! Login to MYhpi now!

Please select your region and language settings